小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 21 )   > この月の画像一覧

真保裕一「アマルフィ」

d0045063_22355980.jpg真保裕一さんの「アマルフィ」を読みました。
母娘でローマに旅行にきていた9歳の少女が
何者かに誘拐される。

邦人保護担当領事の黒田は、少女の父親を演じた事から
母親と協力し、事件解決に走る。

久しぶりの真保作品です。

一時期、この作品の映画のCMが
相当量流れていましたね。

映画は観てませんが「どんなんだろう?」の興味で
予約を入れていたら案外早くに借りられました。


まぁ、おもしろかったと思います。

どうやらこの作品は
まず映画ありきで始まったらしく
どちらかといえばノベライズに近いのではないでしょうか?

だからかすごく映像にしたら面白いだろうなぁ、ってシーンが多かったですね。

でも、主演が織田祐二さんだと知っているせいで
どうも「踊る~」の織田さんがちらついてしまい
ちょっとマイナスになったかもしれません。
(別に織田祐二さんが嫌いなわけじゃないんですが…)


最初は話があっちへこっちへいくので
ちょっと退屈でしたが、ラストは怒涛の進み方で
一気に読み終わりたかったのですが
昨夜は娘とみぃがきていて
早くに明かりをおとさなくてはならないのが非常に残念でした(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-16 22:47 | こんな本、読みました

腹立つわぁ

脱出ゲームにちょっとはまってます。
アイテムやヒントを見つけ出して密室から脱出するゲームです。

d0045063_17333899.jpg


初めはMixiのアプリのをやったのですが
面白いので他のサイトのにもチャレンジ。

知らなかったけど、脱出ゲームっていろいろあるんですねー

とりあえず、とレベル1のを選んでやってみました。
これが意外と難しい。
レベル1でこれかいっ、って感じ(^^;

アイテムを見つけ出せない。
そして、アイテムを見つけ出してもそれを使えない。

仕方がないので攻略サイトにお世話になることに。
Mixiのアプリのはこれで脱出成功したので。


でも、
攻略サイトを見ながらやってみるけど
どうにもうまくいかない。

あーでもない、こーでもないと
一時間以上サイトとゲームを交互ににらめっこ。

そこへ末っ子がやってきて「ちょっと貸してん」と。


すると、チョチョイと…

今まで見つけられなかったアイテムは探し出すわ、
必要なアイテムは作り出すわ、で
あっという間に私の一時間を取り戻しました(><)


                         く、くやしいっ…


さすがにイマドキの子ですよ。
やった事がないゲームでも
ゲーム歴二十年近い(今、23歳ですが…)キャリアがものを言うのでしょう。
勘が働くというのか、技術があるというのか…


くやしいので、
そんなこたぁ自慢にはなりませんよー、と心の中で叫ぶ母でした。
チャンチャン…
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-13 17:39 | 日記

宮部みゆき「長い長い殺人」

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」を読みました。
d0045063_203332100.jpg金は天下のまわりもの。
財布の中で現金は、きれいな金も汚ない金も、
みな同じ顔をして収まっている。

しかし、財布の気持ちになれば、話は別だ。

刑事の財布、強請屋の財布、
死者の財布から犯人の財布まで、
10個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、
意表をついた重大事件をあぶりだす!

読者を驚嘆させずにはおかない、前代未聞、驚天動地の話題作。
                                「BOOK」データベースより

久しぶりの宮部作品です。
ずい分前に古本屋で購入したのですが
図書館で借りるものに先を越されて、積読になったままでした(^^;

今回の奈良行きに、鞄の中にしのばせていたら
友達は新幹線の中で寝るし、
作品自体も面白くてどんどん読んで
とうとう一日で読み終わってしまいました(笑)


宮部さん、やっぱり面白いです。
お財布に語らせるなんて発想、どこから生まれるのでしょう。

残念だったのは雅樹くんのおばさん、早苗さんが殺されてしまったこと。
勝手な願望だけど、ああいういい人は殺さないでほしいな(^^;



Mixiのコミニュティで宮部さんの「模倣犯」を話題にしているところがあって
「模倣犯」をまた読みたくなりました。

でもねぇ、事件は悲惨すぎるし、
読んでるとけっこうしんどくなるので
読むのに二の足を踏んでしまうんですよね…
素晴らしい作品だとは思うのですが。
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-12 20:53 | こんな本、読みました

東野圭吾「赤い指」

東野圭吾さんの「赤い指」を読みました。
d0045063_18102711.jpg少女の遺体が住宅街で発見された。
捜査上に浮かんだ平凡な家族。
一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。

「この家には、隠されている真実がある。
それはこの家の中で、
彼等自身の手によって明かされなければならない」。

刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?

家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。
                     「BOOK」データベースより

東野圭吾さんの「赤い指」を読みました。
本屋で平積みしてある文庫本が
新刊として入庫されたので予約して借りました。


けっして嫌いなわけではないのに
なぜかダメだしをしてしまう東野作品ですが
今回はなかなか良かった(偉そう?…笑)です。

続きが気になって気になって一気読みに近いです。



幼い少女を殺してしまったひとり息子を
かばおうとするあまりに少女の死体を遺棄してしまう父親。

そして盲目的に自分の息子の未来を守ろうと絶叫する母親。

幼い少女にはもう未来はないというのに…
幼い少女の両親の悲しみや嘆きは
一生尽きる事がないというのに…

なんという身勝手な…

読んでいて心が苦しくなりました。


もしかしたらこれはフィクションではなく
どこかに実際あるかもしれない、そう感じてしまう事が
とても恐ろしかったです。


そして罪をきせられそうになった昭夫の母親の悲しみも
想像すると心が痛いです。


でも、お話はそればかりではありません。

ラストは切なくて心温まる話が用意されています。
読後感が悪くないのはそのおかげですね^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-10 18:14 | こんな本、読みました

新堂冬樹「僕の行く道」

新堂冬樹さんの「僕の行く道」を読みました。
d0045063_21303133.jpg小学三年生の大志には
パリでファッションの勉強をしている母親から
週一で手紙が届きます。

それをはげみに母親に会える日を楽しみにしています。

ところがふとした事から、母親はパリではなく
瀬戸内海の小豆島にいるのではないかと疑います。

大志は「お母さんに会いに行こう」と
近所に住む六年生の博士こと俊也の手を借りて
父親にも内緒で一人で小豆島へ向かいます。

映画「引き出しの中のラブレター」がよかったので
原作を読んでみようと思ったら貸出中でした。

で、同じ著者のを、と借りたのがこの「僕の行く道」。


この作品もとても温かいです。

大志はまだ小学三年生。
知らない事ばかりです。

岡山行きの新幹線に乗ったはずだったのに
終点で降りてみればそこは新大阪の駅。

親切そうに話しかけてくるホームレス(と思われる)のおっちゃんに
お金を奪われそうになったりします。

どきどきはらはら、です。

でもいろんな人の親切に助けられながら
大志は小豆島へ、
母と写真に写ってるコスモスが咲き乱れる丘へと向かいます。


大志の母親が大志から離れて暮らす理由は
気持ちはわかるけど、正解ではない気がします。
一緒にいる事が大事なんじゃないかと思います。



大志のひたむきな気持ちや
とりまく人々の温かい気持ちで
なんだかとてもいい気分で読み終えました。
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-09 21:27 | こんな本、読みました

【 平等院鳳凰堂 】 11月1日

三日目は京都へ。
半日しか時間の余裕がなかったので
奈良から京都へ行く前に平等院鳳凰堂へ行くことに。
d0045063_21492753.jpg


イメージ通り大きくて堂々としていました。



昔はきれいに彩色されていたようで
再現VTRを見ましたがとても綺麗でした。
その頃に戻って自分の目でみてみたいものです。


ここをでてから京都駅に直行。
この日の降水確率は80%でしたが
幸い京都駅につくまでは降られずに済みました。

やっぱ日頃の行いですかねぇ(笑)



私たちの奈良、京都旅行はここまで。
新幹線に乗ってソニックに乗って帰途に着きました。


たくさんおしゃべりをしていろんな所を見て歩いて
美味しいものを食べて(写真には撮れなかったけど)
とても楽しい三日間でした。


今度はどこへいこうかなぁ~^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-08 21:26 | 奈良、京都三日間

【 二月堂 】 10月31日

東大寺の坂を上って、二月堂へ。

d0045063_23232071.jpg


d0045063_23233429.jpg

       こちらの建物も国宝です。
       三月の「お水取り」で有名な建物ですね。
       「お水取り」の季節にも来てみたいです。

d0045063_23235067.jpg

       二月堂から見た紅葉の様子。


紅葉はすでに散ったのがあったり、これからのがあったり
なんだかまばらでした(^^;


二月堂を降りてからお昼にしました。

d0045063_23361454.jpg


       こちらのお弁当(?)が1260円。

       同行の友達はブログ等をやっていないので
       こういった写真を撮るのに私なりに遠慮があって
       やっと撮れた食事の写真です(^^;

       どれも美味しかったですが、私は右上の白いお皿の
       山芋を揚げて出汁をかけたのが一番好きでした。



この後、興福寺にも行ったのですが、
見たかった阿修羅像は2時間待ちということで
なんだか気力がとぎれてしまったのか、写真を撮るのも忘れてました。


それにしても奈良のお寺は敷地がひろ~~~い(^^;
まーよく歩きました^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-06 23:44 | 奈良、京都三日間

【 東大寺 】 10月31日

今回の旅行の一番の目的は東大寺の大仏と
国立博物館の「正倉院展」を見る事でした。

私は奈良は初めてです。
友達は修学旅行と他で、計2回、奈良を訪れているらしいのですが
私は初めてなのでいろんな事に驚いたり喜んだり^^

ホテルをでてからすぐに奈良公園へいきました。
噂には聞いていたけど、ほんと鹿がい~っぱい(^^;

d0045063_23143563.jpg

生きてるから当然自由に動くわけで、
いいアングルではなかなか撮らせてもらえませんでしたね(笑)


国立博物館の「正倉院展」は土曜日だったからか
元々人気が高いのか、
9時半に着いて45分待ちの表示が。
でも列はサクサクと流れて30分ほどで中へ入れました。

もう少し遅かったらもっと並ばないといけなかったかもしれません。

「正倉院展」は当たり前だけど、珍しいものがいっぱい。
工芸品の類が好きなので、時間をかけてじっくり見ました。

ただ、教科書によく載っている「琵琶」が見たかったんですが
今回は展示されていなくて、ちょっと残念でした。

ここでお土産をたくさん買いました。
琵琶をデザインしたブックマークも買いました。



次はもうひとつのお目当て、東大寺へ。


d0045063_22563049.jpg

                  東大寺、南大門

d0045063_22572063.jpg

                  木造金剛力士像

d0045063_22564677.jpg

                  金堂(大仏殿)
  
d0045063_22575172.jpg
 
                  盧舎那仏
                  大き~~~い^^
                  大きさは写真では表せません。
 
d0045063_2258357.jpg

                  虚空蔵菩薩像
                  撮影禁止が多い中で写せるって嬉しいです。

d0045063_2257583.jpg

                  多聞天像、広目天像

d0045063_22573679.jpg

                  東大寺の全景の模型。
                  一枚では写しきれなかったので三枚を合成しています。
                  少しづつずれているのご愛敬ってことで^^




東大寺は大仏さんの大きさに感動~でした^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-05 23:45 | 奈良、京都三日間

【 薬師寺 】 10月30日

法隆寺の後には薬師寺へ行きました。

d0045063_23165473.jpg


d0045063_23171515.jpg

                     薬師寺の二天王像。
d0045063_23173341.jpg

                     西塔と東塔。
         国宝の東塔は工事(改修)中で足場が組んであったので
         残念だけど、よく見えませんでした(^^;

d0045063_23174655.jpg

                     金堂

d0045063_23175810.jpg

                     大講堂

薬師寺は法隆寺に比べれば、二天王像もそうだけど
色彩がきれいで明るかったですね。


ここもまた仏像は撮影禁止。
保存のために仕方ないんでしょうが。


薬師寺といえば、子どもたちが修学旅行から帰ってきて
薬師寺のお坊さんの説明が「超おもしろかった~」と言っていたので
ぜひ、聞いてみたかったのですが、まさか修学旅行生の後ろに座って
説明を聞くのもどうなん?とはばかられ、残念だけど断念しました(^^;



関係ない話ですが、私の同行者(友達)は、
朝、自宅で牛乳を、新幹線の中でコーヒーを
その後は自販機で買ったお茶を飲む程度で
ほとんど食事らしい食事をしていません。

大丈夫なんかいなぁ、と心配するものの
小さな子どもでもないので
「お腹すかん?」「大丈夫」と言われればそれ以上も言えず
人のお腹の減り具合など知るすべもなく、「うーん…」な気分なのでした。


それ以外は話も職場の愚痴だの、共通の友達の話題だの
TVの事やら本の話やら
話はつきず楽しく時間は過ぎていきました^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-03 23:20 | 奈良、京都三日間

【 法隆寺 】 10月30日

朝、7時20分すぎのソニックに乗って小倉まで行き、
小倉から新幹線ひかりで新大阪まで。
新大阪から法隆寺へ。

ここまではJRの旅行センターで手配してもらいました。


少し、朝早かったので朝食を食べていませんでした。

新幹線の中でお弁当を買おうと友達と話していたのだけど
友達はあまり食欲がないようで、
私だけサンドイッチとオレンジジュースを買って食べました。


お昼すぎに法隆寺へ到着。

d0045063_17192653.jpg


d0045063_17204154.jpg

                     南大門と中門

d0045063_17194662.jpg

                     金剛力士立像

d0045063_17205885.jpg

                     五重塔と金堂

五重塔は大きすぎて、携帯カメラでは入りきれなかったのが残念(^^;
写真は難しいわぁ~


日本最古の木造建築物群は堂々としていて威厳を感じました。
安置されている仏像も迫力がありますね。
写真に撮れないのが残念です。


友達と話していたのですが、仏像の種類って一体どのくらいあるんでしょう?
名前は同じでも微妙に様子が違います。
ネットで調べてみようかな^^


次は薬師寺へ。
続きはあした~^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-02 22:18 | 奈良、京都三日間