小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

’10 手帳

d0045063_18222636.jpg2010年度版の手帳を買いました。

今年はムーミンのを使っていました。
ムーミンに登場するスナフキンが好きなので。

来年も同じものを、と思って探していたら
ムーミンの手帳の隣に
昔好きだった葉祥明さんのイラストの手帳が並んでいました。

私がすご~く若い頃、葉祥明さんの描くイラストが好きで
ノートやカレンダーなどをよく買ってたんですよねー^^

迷って、来年はこちらの手帳を使うことに。


手帳を持っていたって
書き込むのは出勤する日と病院の診察日と
図書館の返却日を書き込むくらいなんですが
もってるだけで、ちょっとシアワセ…(笑)

まったく単純な人間です^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-14 19:04 | 日記

「まいどありがとうございます」

売り場で靴の整理をしてました。

後ろからお母さんと小学一年生くらいの女の子の会話が聞こえてきました。


初めは「わぁブーツがでてるよ」でした。
そのうち女の子がブーツがほしいと言い出しました。
お母さんは「ブーツは可愛いけど、今日は学校に履いていくシューズを買うんでしょ」と。

女の子「えーこのピンクのブーツ、可愛い~❤」
母「なに言いよんの。すぐ汚れるやん。〇〇がいないのに誰が洗うの?」


女の子「じゃあこのプリキュアの靴がいい~」
母「母さんはキャラクターのは買わないの」
女の子「なんでぇ?
     お母さんは大人だからアニメは嫌いかもしれんけど
     あたしはこれがいい~^^」
母「買わんって言いよるやろ」


この親娘のお客様、実は魔法瓶タイプの水筒を買いにきたらしいのですが
ついでに靴も見ようという事になったらしい…


女の子は水筒もピンクのブーツもプリキュアの靴も買ってとだだをこねます。

お母さんは初めは冷静に会話していたのですが
だんだん言葉に険がではじめます。


母「じゃあ水筒は今までのを使うのね?」
女の子「いやー魔法瓶のがいい~」
母「ならこのブーツは買わないよ」
女の子「えー!じゃあ水筒は〇〇で買ってまた靴を買いにここにくるの?(ちょっと怒りモード)」


そんなこんなの会話が20分ほど続いて…


お母さんの「〇〇ちゃんは水筒も買ってブーツも買ってこの靴も買うっていうの!?(怒)」
の一言で、女の子はお母さんの機嫌が相当悪いことにようやく気づき
ほとんど涙声で「じゃあブーツはいらんけん、この靴買って…」


ここで私は他のお客様の接客のためにこの場を離れたため、
この親娘のお客様が何を買われたのかを確認できませんでした。

レジに並んでいるお姿は確認したので
何か買っていただいた、とは思うのですが…



毎度、ありがとうございます^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-13 17:58 | 日記

朝倉かすみ「タイム屋文庫」

朝倉かすみさんの「タイム屋文庫」を読みました。
d0045063_21514417.jpgたったひとりの客を待つ店。
それが「タイム屋文庫」…

考えなしで抜け作の三十女・柊子が
時をまたいで仕掛けた、あの、恋のつづき。

注目の著者の最新刊は、ロマンチックが全開。
               「BOOK」データベースより

「田村はまだか」「ともしびマーケット」に続く三冊目の朝倉かすみさんの作品です。

こんな言い方をしたらすごく失礼なのかもしれないけど
朝倉さんの作品って、特に「感動した~」「泣けた~」とかいうのじゃないのに
なぜか手にとって借りてみるって
きっと私には相があってるんだろうなぁって思います(笑)


「たった一人の客」
それは主人公がまだ中学生だった頃の初恋の人。
ばったりとこの小樽の町で出会う事を夢見みています。

そのために、初恋の彼が好きだった「時間旅行」の本ばかり集めて
貸本屋を始めます。

もしかしたら、ふと、立ち寄るかもしれないと…


でも始めた貸本屋では新しい出会いがあります。


考えなしの夢見がちな柊子と
レストランの跡を継いだ超現実主義の樋渡徹。

なかなかお似合いじゃないですか^^

誰だって自分にないものを求めますからね(笑)


そして誰だって思われてみたいですよね、
「あんたが生まれてきてくれてよかった」って。




作者とタイトルだけで内容を知らずに借りてきて
(時々、観念的な表現に困ったりもしましたが)
ちょっといい恋愛小説を読んだなぁって感じかな。

もっともベタすぎな気もしますけどね(^^;







ひとつ不満があるとすれば「リス」の再登場の場面がほしかったです。
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-12 22:43 | こんな本、読みました

翔田寛「誘拐児」

翔田寛さんの「誘拐児」を読みました。
d0045063_218681.jpg終戦翌年の誘拐事件。
身代金受け渡し場所、闇市。
犯人確保に失敗。

そして十五年後、事件がふたたび動き出す―。

人間の非情と情愛を見つめる魂の物語。

第54回江戸川乱歩賞受賞作。              
                   「BOOK」データベースより

前に新聞の広告でみて気になっていて作品です。
江戸川乱歩賞を受賞しているわりには
あまり評判がよくないようで…

私はまぁ、面白く読みましたよ。
最後の方はなかなかスピード感もあって、どきどきしましたし。

ただ、なんで昭和30年代半ばを舞台にしたんでしょう。
戦後すぐの混乱期に起きた身代金めあての誘拐事件の
時効直前、となればどうしてもそうなるんでしょうけど。

昭和36年の東京といえば
3年後に東京オリンピックを控えて
わきたつようなにぎやかさがあっただろうと思うのですが
時折オート三輪の描写とかでてくる以外に
昭和30年代を想像させるものが少なかったような気がします。

だから誘拐事件を発端に発生したと思われる事件も
現在に起きた事件なのかと錯覚してしまう感じです。


それから、主人公がはっきりしないです。

多分、誘拐された(と思われる)良雄だろうとは思うのですが
良雄の彼女や事件を追う刑事たちの目線で書かれている部分も多く、
文章を途中まで読まなければ、
その章は誰が中心なのかわからなかったりして
ちょっと混乱したりしました。

事件を追う刑事たちも、
神崎と遠藤、輪島と井口の個性がはっきりしていないので
それぞれがどういう路線で事件を追及しているのか
途中でわからなくなって、前の文章を読み返したりもしました。

登場人物も「この人が中心」っていうのが感じられないからか
魅力的な人物がいないからか、あまり感情移入できなかったです。


でも、推理小説としては
(私はぎりぎりまで犯人を特定できなかったので)
よかったんではないでしょうか(^^;




ここからはちょっとネタばれ。


犯人が特定できなかったと書きましたが
犯人の登場部分が少なすぎやしませんか?(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-11 21:52 | こんな本、読みました

オリジナル駄目ージジーンズ

普通に着ていたジーンズ、ちょっとひっぱったら裂けました(^^;
d0045063_19285787.jpg4~5年は着ていたと思いますが
こればかり着ていたのではないので
それほど生地が疲れているとは思いませんでした。

職場の(末っ子よりいっこ上の)女の子に言ったら
「わぁ、私と同じですねー」って(笑)

しかし、この歳でダメージジーンズでもないでしょう(ーー;

悲しいけどこのジーンズともサヨナラです(T_T)

他のジーンズよりちょい丈が短くて、雨の日とか重宝してたのになぁ…



そう言えば「所さんの目がテン!」で
ジーンズは洗わないと雑菌が増えて生地が傷みやすいって言ってました。

ジーンズは洗うと生地が弱くなるとか
色が落ちるとかよく言われますが
実際は着た度に洗う方がいいんだとか。

それを聞いてから、最近はマメに洗うようにしてたんですが
時すでに遅し、だったんでしょうか…(><)
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-08 20:09 | 日記

寒~い夜だから…

このところぐっと朝晩、冷えるようになりましたね。
寒い夜はやっぱり鍋でしょう^^
d0045063_2004758.jpg

鶏の水炊きです。

一時間ほど鶏を煮込んでだしをとってます。
本体は野菜に埋もれてますね。

家族はみな鍋好き。
豚しゃぶにすきやき、キムチ鍋。

作る方も野菜を切ればいいので、楽チンです。
野菜もいっぱい食べられて、身体も温まって言うことなしです^^



++++++++++++++++++++++++++++



台風が近づいています。
幸いこのあたりはあまり影響がなさそうですが
進路にあたる皆様、お気をつけくださいね。
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-07 20:08 | 今日の食卓

サンシャイン牧場

d0045063_20413866.jpg

昨日の記事のMixiアプリ「サンシャイン牧場」です。

今のとこ、マイミクは家族だけなので
虫をつけてやったり(増産率があがる)退治してやったり、
もちつもたれつで楽しくやってます^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-06 20:42 | 日記

Mixi始めました

ここで宣言することはないんですが…(笑)


先日、末っ子がMixiのアプリで遊んでいました。
「サンシャイン牧場」というアプリです。

それがとても楽しそうだったので
思わず「やってみたいなぁ」って言いました。

そうしたら「やってみる?招待するよ」って。

MixiはMixiをやってる人からの紹介がないと
勝手に始められないシステムなんですね。

前から何度か娘に誘われたことがあったけど
なんだか子ども(子どもはみなやってる)の日記を
のぞき見る気がして、なかなか足を踏み出せないでいました。
(そんな大層なもんじゃないか…笑)


「サンシャイン牧場」はまります^^
楽し~い。

種を植えて、ときどきでてくる虫を退治して、肥料をやって…

レベルが上がる毎に植えられる作物の種類が増えます。
初めは畑だけなんですが
もっとレベルが上がると牧場も作れます。

なによりいいなと思ったのは
生った作物の絵が可愛いこと。
なんか楽しくなります。


今まで、朝、パソコンをつけることなんかなかったんですが
「収穫、収穫~^^」とか言いながら親子でパソコンつけてます(笑)

早くいろいろな作物を植えたいな~


Mixiの日記の方はここのコピペです(^^;
はははっ
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-05 22:13 | 日記

荻原浩「オイアウエ漂流記」

荻原浩さんの「オイアウエ漂流記」を読みました。

d0045063_21372298.jpg塚本賢司、28歳。

接待出張で乗り合わせた飛行機が遭難し、
なんと、流れ着いたのは水も火もないポリネシアの孤島!!

賢司をコキ使う上司たち、スポンサー企業の御曹司、
挙動不審な新婚カップル、小学生とそのじっちゃん、
怪しいガイジン。

あり得ないメンバー10人での毎日は、
黒~い本音も秘密の過去も、隠しきれない生活だけど…。
                    「BOOK」データベースより

新刊の棚に並んでいたので、借りました。
荻原さんの作品も好きなのが多いです。

タイトル通りの漂流記なのですが
けっこうリアルなわりには悲壮感がないですね(笑)

そしてフィクションとは言え、人間って強いなぁって思います。
そしてそして、生きるために食べている事を強く意識させられますね。


登場人物が個性的でとても楽しいです。
好きじゃないけど気に入ってる(微妙な表現)のは早織さん。
考えてる事がおかし~
能天気さは私の上を行くんじゃないかしら(笑)

いろんな場面ででてくる鼻歌に
思わず笑ってしまいました。



でも、もし自分がこんな境遇になったらどうなんだろう?
なんてったって好き嫌いは多いし、虫は大嫌いだし…

きっとそんな事言ってられないんだろうなぁ(--;


こういった明るいユーモアにあふれた作品の方が
荻原さんの作品は好きですね^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-04 22:17 | こんな本、読みました

誕生日です^^


d0045063_22164235.gif今日は私の誕生日。

もう誕生日がきて喜ぶような歳ではありませんが
それでも私は誕生日がくると嬉しいです。

一年、元気過ごせたって事ですからね^^


誕生日のプレゼントを
娘からはafternoon teaのスリッパと蓋付マグカップを
末っ子からは(私がリクエストして)スヌーピーのエコバッグをもらいました。

県外にいる長男には、
スナフキンがのってる来年のカレンダーをリクエストしたのですが
未だに送られてこないのをみると忘れたのかも…(^^;

ま、年が明けるまでに届けばいいですけどー


お昼に娘とショートケーキを食べ、
夜は末っ子がロールケーキを買ってきてくれたのを食べました。
今日は太る事は気にしないーっと^^



またこの一年、皆に心配をかけないように元気に暮らしていきたいと思ってます^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-02 22:17 | 日記