小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

横山秀夫「臨場」

横山秀夫さんの「臨場」を読みました。
d0045063_20341442.jpg臨場―警察組織では、
事件現場に臨み、
初動捜査に当たることをいう。

捜査一課調査官・倉石義男は
死者からのメッセージを
的確に掴み取る。

誰もが自殺や病死と疑わない案件を殺人と見破り、
また、殺人の見立てを「事件性なし」と覆してきた。

人呼んで『終身検死官』―。

組織に与せず、己の道を貫く男の生き様を、
ストイックに描いた傑作警察小説集。全八編。
              「BOOK」データベースより

久しぶりの横山作品です。
古本屋さんで購入しました。
近頃、ドラマ化されましたね。

「赤い名刺」「眼前の密室」「鉢植えの女」「餞」
「声」「真夜中の調書」「黒星」「十七年蝉」の8本の短編集です。

主人公はそれぞれの章毎に違いますが
共通して登場するのが検視官の倉石義男、52歳。


私が一番好きなのは「餞」です。
検視官の話ですから、当然死体がでてきます。
殺人事件だったり自殺だったり事故だったり…
どれも面白く読みましたが
「餞」のラストは胸が熱くなりました。



海堂さんの作品と横山さんの作品を続けて読んで
「解剖」についてちょっと興味をもちました。

実は私の身近な人が二人、(当たり前だけど…)死後、解剖されています。

「解剖」には「病理解剖」と「行政解剖」と「司法解剖」があるそうです。

一人は病院で亡くなったのですが、
癌の手術後、回復に向かっていたのに突然亡くなってしまったため
担当の医師が「納得できないから解剖させてくれ」と遺族に申し入れしたそうです。
もちろん事件性がないし、遺族に承諾を求めたのだから
これは「病理解剖」なのでしょう。
でも「解剖」しても結局直接の死因はわからずじまい。
担当医は納得できたんでしょうか?

もう一人は、ゴルフ中に突然倒れて
救急車で運ばれたのですが病院で亡くなりました。
死因がわからないので「解剖」されたようです。
遺族の許可はないまま(というか遺族が現場に着く前に)
「解剖」されていたので、これはきっと「行政解剖」なのでしょう。
死因は「熱中症」(当日はものすごく暑い日でした)で倒れた時に、
お昼に食べたものを戻してしまい
それが気管に詰まって窒息したのだろう、という報告だったそうです。

どちらも「犯罪性」はないので「司法解剖」ではないでしょうね。


あまり関係のない話を長々と書いてしまいましたが
本を読んでるとこういうちょっとした知識も増える気がします。
エヘン^^ なんちゃって(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-31 23:10 | こんな本、読みました

海堂尊「極北クレイマー」

海堂尊さんの「極北クレイマー」を読みました。
d0045063_2233260.jpg財政破綻にあえぐ極北市。
赤字5つ星の極北市民病院に、
非常勤外科医の今中がやってきた。

院長と事務長の対立、
不衛生でカルテ管理もずさん、
謎めいた医療事故、
女性ジャーナリストの野心、
病院閉鎖の危機…。

はたして今中は桃色眼鏡の派遣女医・姫宮と手を組んで、
医療崩壊の現場を再生できるのか。
                   「BOOK」データベースより

「イノセント・ゲリラ~」に続く海堂作品です。
入庫してすぐに予約を入れたので、思いのほか早くに借りられました。


「イノセント・ゲリラ~」よりは面白かったですが
なんかとても中途半端な感じがしました。

私の好きなキャラの姫宮さんが登場して
「やったー」と思ったのもつかの間、
あっという間にいなくなっちゃってガッカリ~

三枝先生による帝王切開での死亡事故(?)も
三枝先生が逮捕されますが
それだって事故なのか過失なのか
不可抗力だったのかは分からず仕舞い。

そして、ラストの再建請負人の世良先生の登場は
市民病院にとって明るい未来なのか、どうか…


いろんなことを詰め込み過ぎてる気もしますねー


そうは言いつつ、新作がでればきっと借りて読むんだろうなぁ…(笑)
あ、「螺鈿迷宮」を読まなくっちゃ^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-30 22:51 | こんな本、読みました

海堂尊「イノセント・ゲリラの祝祭」

海堂尊さんの「イノセント・ゲリラの祝祭」を読みました。
d0045063_2133866.jpg映画化、テレビドラマ化もされた
第4回『このミス』大賞受賞作の
『チーム・バチスタの栄光』は
累計320万部突破、
続編の『ナイチンゲールの沈黙』も
140万部を突破し、
驚異の新人と謳われる海堂尊。

彼の原点でもある「田口・白鳥シリーズ」の最新刊がいよいよ登場です!

今回の舞台は厚生労働省。
なんと、窓際医師の田口が、
ロジカルモンスター白鳥の本丸・医療事故調査委員会に殴り込み!?

グズグズな医療行政を田口・白鳥コンビは変えることができるのか……。

1年半ぶりに戻ってきた彼らの活躍にご期待ください。
               AmazonのHPより

新刊で紹介されていて、予約を入れていました。

海堂さんの作品は4冊目です。
面白さ◎、△、◎、ときてこの作品は、うーん…☐かな(^^;

なんといっても私にはテーマが難しいです(><)

事件も起こらないからサスペンスでもミステリーでもないです。
ひたすら会議室の中での話です。


海堂さんはお医者様ですから
本当に今の日本の医療制度を憂いていらっしゃるのかもしれませんが
なんといってもこれは小説ですからね。
どこまでが現実でどこからがお話なのか
私には判断ができません。

だからいまひとつ入り込めなかったです。

いっぱい予約の入っている作品ですから
貸出期間の延長ができません。
読み終わって「ほっ」が、正直な気持ちでしょうか(^^;
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-26 21:24 | こんな本、読みました

映画「ダウト~あるカトリック教会で」

d0045063_21521850.jpg
私が会員になっている映画館から、
月に一度程度、
映画のチラシ(?)と
上映日程を知らせるお手紙がきます。

その中でちょっと気になった
ダウト~あるカトリック教会で」を観てきました。

なんか、ずっと緊張しながらみてた感じです。
主な4人の出演者の演技がすごいです。
メリル・ストリープさんは好きな俳優さんなので
特にそう感じました。

教会の中の話なので、よくわからないかも…と
思いつつみていたのですが
そんな事は関係なかったですね。


「疑惑」を「確信」に変えて
最後まで自分の信念を貫き通した校長の
ラストのシーンに人間を感じました。
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-24 22:07 | 映画のハナシ

再びロジック

昨日、今日と連休がとれたので
娘のところへ遊びに行ってきました。d0045063_22105236.jpg

昨夜は10時に
電気を消されてしまったので(笑)
今朝は6時前に
目がさめてしまいました(^^;

誰も起きてこないし、起こすわけにもいかなくて
買っておいてあったロジックの雑誌を
引っ張り出して塗る事にしました。

最近やってないからまずはレベル2くらいから~
なんてサクサクと調子よく塗っていたら
あれ?どっか間違ってる…


前はレベル2なんてもの足りん~なんて思っていたのに
今回は、出来あがるまでに何度も間違いに気づいて
塗りなおすハメに…(^^;

それでもどうにかできあがってほっとしました(笑)

タイトルは「大人の遊びなのだ」
模型電車をみている男の人の絵です。


できあがるまでにかかった時間は約2時間。

娘もみぃもぐっすり爆睡してました(^^;
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-22 22:18 | 日記

万城目学「プリンセス・トヨトミ」

万城目学さんの「プリンセス・トヨトミ」を読みました。
d0045063_20562570.jpgこのことは誰も知らない。

五月末日の木曜日、
午後四時のことである。

大阪が全停止した。

長く閉ざされた
扉を開ける“鍵”となったのは、
東京から来た会計検査院の三人の調査官と、
大阪の商店街に生まれ育った二人の少年少女だった―。

前代未聞、驚天動地のエンターテインメント、始動。
                    「BOOK」データベースより

こちらも新聞の書評欄でみかけて気になっていました。
「太陽の坐る場所」と並んで新刊の棚でみつけたので、すぐに借りました。
新刊はタイミングをのがすと、なかなか借りられませんから…(^^;

初めて読む作家さんです。
奇想天外な話ですが面白く読みました。

「大阪国」ですか…
あったら面白いですね。

こういうのを橋下大阪府知事が読むと
いろいろと大変な思いをされているみたいだし、
少しは元気がでるかもしれませんね^^



登場人物も面白いキャラクターが多かったです。

主人公(の一人?)の真田大輔くんが
女の子になりたい理由がいまひとつわからなかったです。
性同一性障害なのか、ただのオカマちゃんなのか…

今ははるな愛ちゃんや椿姫彩菜ちゃんみたいに
元は男の子でも
女性からみても可愛かったりきれいだったりする人が増えました。

でもまぁ、真田大輔くんは
ビジュアル的にセーラー服が似合うとは思えません。
ましてや坊主頭にセーラー服はないでしょ…とは思いますね(^^;

もっとも、大輔くんが
セーラー服を学校にきていくところから
事件の一つは発生し、展開していくんですから
これがないと始まらないっちゃあ始まらないんですが…



なにがよかったってやっぱり終章の旭の言葉でしょうね。
やっぱり「男」より「女」ですよ。
はっはっはっ^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-20 21:31 | こんな本、読みました

辻村深月「太陽の坐る場所」

辻村深月さんの「太陽の坐る場所」を読みました。
d0045063_239559.jpg高校卒業から10年。

クラス会に集まった男女の話題は、
女優になった
クラスメートの「キョウコ」。

彼女を次のクラス会へ
呼び出そうともくろむが、
「キョウコ」と向かい合うことで思い出される、
高校時代の「幼く、罪深かった」出来事―。
よみがえる「教室の悪意」。

28歳、大人になってしまった男女の想いを描き、
深い共感を呼び起こす傑作ミステリー。辻村深月の新境地。
               「BOOK」データベースより

前に新聞の書評欄で見かけて気になっていたのですが
たまたま新刊の棚で見つけたので借りてみました。

初めて読む作家さんです。


5つの章があって、主人公がみな違います。
同じなのは高校三年の時のクラスメートだということと
女優の「キョウコ」に
それぞれがいろいろな思いを抱いているということ。

過去と現在が交錯していて
おまけにかなり観念的な文章がそこここに散らばっているので
読みにくいっちゃぁ読みにくいです(^^;


途中までは、それぞれの話に度々登場する「響子」と
女優の「キョウコ」はきっと違う人物なんだろうなぁ、と
漠然と思いながら読んでいたのですが、
違う人物だと確定してからは「キョウコ」って誰?と
興味津々で、かなり面白く読みました。



ただ…

自分が高校三年の時って
こんなにいろいろ考えてたっけ?とか思ってしまいましたね(笑)

屈折しすぎじゃないかな(^^;


ま、もっとも私は女子高の出身で
周りに男の子がいなかったせいもあって
のんびりと子どもっぽく過ごしていたのかもしれませんが… ^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-17 23:43 | こんな本、読みました

麻井みよこ「グーグーだって猫である(小説版)」

小説版の「グーグーだって猫である」を読みました。
d0045063_21541920.jpg小島麻子は
吉祥寺に住む漫画家。
締め切りから解放された朝、
14年間暮らした愛猫サバを亡くし、
作品もできなくなってしまう。

麻子と同じ大学の
漫研の後輩のナオミをはじめ、
アシスタントたちは麻子が元気になるのを心待ちにしていた。

そこに現れたのが、アメリカン・ショートヘアのグーグーだった。

グーグーとの毎日で、元気を取り戻した麻子は、
新作のアイデアを話し始めたのだが、
思いも寄らない出来事が待っていた。
               「BOOK」データベースより

大島弓子さんのコミック、「グーグーだって猫である」を
映画監督の犬童一心さんが映画化し
その脚本をもとに麻井みよこさんが小説にしたものです(ややこしやぁ)

大島弓子さんは私の好きな漫画家さんの一人です。
この小説にでてくる「綿の国星」の文庫版ももっています。
絵柄もお話もメルヘンチックで気に入ってます。



「オリンピックの身代金」と「英雄の書」で
かなりハードな日々をすごしたので(おおげさ…^^;)
いやされる一冊でした。


ただ…
ずっと忘れていたのだけど
全三巻と勝手に思っていた「綿の国星」は
全四巻で、あと一冊欠けています。
買おう、買おうとは思っているのだけど
なかなか店頭でみかける事がなくて…
本屋さんに注文しないとだめかなー
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-13 22:09 | こんな本、読みました

宮部みゆき「英雄の書」

宮部みゆきさんの「英雄の書」を読みました。
d0045063_21104664.jpg「あれ」が獄を破った。
戦いが始まる。

邪悪は、何と巧みに
人の心に付けいるのだろうか。

宮部みゆきが放つ、戦慄の最新刊。

「ひとつ踏み誤れば、あなたも<英雄>に囚われ、
呑み込まれてしまうことでしょう。
<英雄>は強大です。
比類なき力を擁する完全な物語でございます」

森崎友理子は小学五年生。
ある日、中学二年生の兄・大樹がクラスメートを殺傷し、
姿を消すという衝撃的な事件が起きた。

事件から十日ほど経った時、
友理子は兄の部屋で不思議な声を聞く。

「君のお兄さんは“英雄”に魅入られてしまったのだ」
本棚の奥の見慣れぬ書物が、友理子にささやいているのだった。

書物に導かれ、兄を救い出す旅へ出る友理子。
すべての物語が生まれ、回帰してゆく<無名の地>と呼ばれる場所で、
友理子は、世界の根源というべき、おそるべき光景を目にする――

『ブレイブストーリー』から6年、宮部みゆきのファンタジー最新作。
             内容紹介 Amazonより

図書館に入庫後、すぐに予約を入れたので
比較的早くに読めました。

単行本は文庫本のように
表紙裏であらすじの確認をする事ができないので
借りてみて「しまった」って思う事があります。

これは読み始めてすぐに
私が宮部作品では珍しく
全く楽しめずに「ようやっと読んだ」感のある「ICO」の臭いがして
ちょっと「やべっ」と思ってしまいました(^^;

でもまぁ「ブレイブ・ストーリー」はけっこう好きなので
そちら路線、と勝手に考える事にしました(笑)

宮部さんの作品はどれも長いですが
これも長いですねー
上下巻合わせて700頁近いです。

友理子が冒険を始めるまでの説明が長いです。
もっともその説明がなければ
ラストの謎解き(種明かし)が面白くないわけで
いたしかゆしですね。


この作品も「読んだぁ」って感想なのが
ちょっと残念です。

なにより一番ひっかかっているのは
友理子の兄、大樹を殺人犯にしてしまったこと。

きっといろんな理由があって
宮部さんは友理子の兄を同級生殺しの犯人にしてしまったのでしょうが
重傷を負わせるくらいじゃだめだったのでしょうか?

たとえどんな理由があっても
物語上、それが「黄衣の王」に魅入られたからだとしても
人を殺してしまえば
思いもかけず人殺しの家族になってしまった
友理子や友理子の両親は
いつまでも心が癒える事がないのですから。






2冊も続けて難しくて長いのを読んでしまいました。
返却日にきっちり返そうと、かなり頑張って読みました。
疲れた~~~~~~(><)
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-12 21:45 | こんな本、読みました

バラ園

友達とバラ園へ行ってきました。
d0045063_23133177.jpg
(私の中の)バラらしいバラ^^

d0045063_23134494.jpg
いろいろな色があるバラ。

d0045063_23135517.jpg
変わり種(?)のバラ。


いやーバラっていろいろな種類があるんですねー^^



去年はちょっと時期が遅くて
ちりかけのバラが多くて残念な思いをしました。

今回は少し時期が早かったようで
まだつぼみばかりの木もありましたが
でもきれいにさいているのもたくさんあったのでよかったです。

来年、(三度目の正直で)
大満足のバラ園に出会えるといいなぁ^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-05-09 23:22 | 日記