小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

映画「チーム・バチスタの栄光」

友達と「チーム・バチスタの栄光」を観てきました。
面白かったです。

前知識で、暗くて重い作品だろうと思っていましたが
竹内結子のゆるい演技と阿倍寛の人をくった演技が
なかなか絶妙で笑えるシーンが多かったです。

心臓の手術がリアルで
こんな手術(技術)を思いついた人間の知恵って
計り知れないなぁ、と。

これは原作を読まなくっちゃ^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-29 23:52 | 映画のハナシ

うっそぉ

久しぶりの何の予定もない休み。
気になっていた映画が今週いっぱいなので
娘を誘って見に行くことにしました。

上映開始9時半。
9時前の電車に乗り、映画館へは10分ほど前に到着。
娘の方が先についていました。
でも、なんか様子がへん…

なんと休館日だったんです。
会員になっている映画館なので
休館のお知らせは届いているはず。
休館なんて頭になかったので気付かなかったんでしょう(><)

20年ぶりの映写機の入れ替えなんだそうです。

仕方がないので娘とブラブラ。
お昼を食べてからどうしようか、と娘に相談すると
「カラオケに行きたい!」との事。

娘も職場をかわってから
カラオケに行く機会が激減したんだそうです(笑)
私もそうとうに久し振りだったので
即OK!♪(笑)

楽しく夕方まで歌って帰ってきました。
ストレス発散して、明日からまた頑張るぞ~~~~^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-26 18:58 | 日記

今日のランチ

今日のお昼に食べたものです。d0045063_21474664.jpg
職場のちょっと上に
(別府はほとんどが坂なので、東西南北より、
上とか下とかいう言い方をする事が多いです)
コンビニがあって、お弁当をもってこない日は
そこで調達します。

いつもはおにぎりとおでん2個なんだけど
(考えるのがめんどうでいつもほぼ同じ…笑)
今日はおでんを入れ替えててなかったので
私としてはめずらしく、調理パン(コロッケ焼きそばパン)を買ってみました。

味はなかなかでしたよ。
しめて400円足らず。
働いてるんだから、もうちょっと奮発すればよかったかな?(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-24 21:57 | 日記

「駆けこみ交番」

乃南アサさんの「駆けこみ交番」を読みました。
d0045063_20232956.jpg聖大は新米のおまわりさん。
等々力の交番に赴任している。

大事件などない閑静な住宅街で、
不眠症のおばあさんの夜の話し相手が
聖大の目下の仕事だった。

ところがある夜、
交通事故の応援にでかけた先で、偶然に
指名手配中の殺人犯を逮捕するという大手柄をあげた。

これは前に読んだ「ボクの町」の主人公、高木聖大巡査のその後、
といった話でしょうか。

「ボクの町」は、乃南アサさんにもこんなに楽しくて
明るい作品があるんだ、と発見(?)した作品です。
それまで乃南さんのは「風紋」とか
「凍える牙」「幸福な朝食」等々の
ちょっと重い作品しか読んだ事がなかったので(^^;

聖大は彼女に振られた腹いせに
警察官になったような男の子。
髪は茶髪だし、ピアスの穴はあいてるし…
時々、めんどくさいなぁ…とか思いながら仕事をしてたりします。
でも憎めないキャラクターなんですよね。

4つの短編からなっています。
肩の凝らないさらさらと読める作品ですが
読んだ後はちょっと温かい気持ちになれます。

聖大と(聖大の同期の巡査)三浦くんとを主人公にして
新しい作品を書いてくれないかなー^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-22 20:46 | こんな本、読みました

検査が2万円

大きな病気をしてからずっと
定期的に診察、検査をしています。

昨日は数年ぶりにCT(のような)検査をしました。

8時半に採血、血液検査。
9時にCT(CTじゃないけど…)のための注射。
これが高い注射らしい。
11時にCT(のようなもの)に入って30分の検査。

結果がでるまで待って12時くらいから診察。

検査の結果は良好でなにも問題ナシ。
なのはいいんだけど…

精算をしたら診察に2万円ちょっと。
薬代が3か月分で1万500円ちょっと。

健康保険で3割の支払だから
保険がなければどんだけ払わなきゃならないのか…

保険のありがたみを感じた1日でした(^^;
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-20 20:35 | 日記

「償い」

矢口敦子さんの「償い」を読みました。
日高は幼い息子の突然の病死と
d0045063_19404987.jpg妻の自殺で生きる目的を失い
ホームレスになる。

流れ着いた郊外の街はかつて日高が
変質者に誘拐された男の子を
助け、命を救った街だった。

その街で社会的弱者を狙った
連続殺人事件が発生する。
やがて日高は中学生になった男の子に再会するが
犯人ではないかと疑い始める…
初めて読む作家さんです。

日高は今はホームレスだけれど元は医師。
会話のあちこちに高い知性がかいま見えて
なかなか魅力的です。

事件は日高の想像する悪い方、悪い方へと流れていきます。
最後の最後まで気が抜けません。
でもラストはかなり心がいやされます。

乗り越えられないと思うような辛い事があっても生きてください。
誰かが貴方を必要としています。
まるごと貴方を大事だと思う人が
かならずいるのだから…

そんなメッセージを受け取ったのは私だけでしょうか?
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-19 21:05 | こんな本、読みました

やっと復旧

先日、急に立ち上がらなくなった我が家のパソコン。
今日電気屋さんにきてもらって
やっとよくなりました。

まだ買って半年くらいなのに、
もう修理にださなきゃならないのかと思っていましたが
幸い修理にはださなくて済みました。
ヨカッタ、ヨカッタ^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-18 18:48 | 日記

「ステップファザー・ステップ

宮部みゆきさんの「ステップファザー・ステップ」を読みました。
「俺」はプロの泥棒。
d0045063_22372629.jpgかなり腕のいい方だと思う。

ある夜、落雷のせいでドジを踏んだ。
狙いをつけた隣の家の屋根から
雷を受けて落ちてしまったのだ。

気がつくと双子の男の子に
助けられていた。

その双子は同時期に父親と母親から置き去りにされていた。
しかし二人とも困っている様子はない。
それどころか「俺」に「父親になってくれ」と言う。
「泥棒」のネタをつかまれている「俺」は
しぶしぶ「父親がわり」をする事になったのだが…

こういう肩の凝らない作品もいいですね。
登場人物はなかなか魅力的だし、
悲惨な殺人事件もでてこないし^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-13 23:10 | こんな本、読みました

「REVERSE」

石田衣良さんの「REVERSE」を読みました。
千晶はファッション関係のd0045063_19544947.jpg
輸入商社に勤めている。

千晶は新しく開拓した新ブランドを
日本でヒットさせるために
雑誌やTVでのPR活動、広告の企画、
各店舗の視察等々を
一手にひきうけ仕事面では充実した日々を過ごしている。

今、一番の癒しは
まだ会ったことのない「キリコ」とのメールの交換だ。

秀紀はIT企業に勤めるウェブデザイナー。
秀紀も毎日ほぼ夜中までの仕事をこなしている。

秀紀の癒しも「アキヒト」とのメール交換だった。

しかし千晶は男性の「アキヒト」として
秀紀は女性の「キリコ」として、メールを続けていた…

友達から「読んでみらん?」と言われたので
図書館で借りて読んでみました。

初めて読む作家さんでしたが
とても読みやすいのでサラサラと読めました。

初めての作家さんでしたが、前にけっこう気に入って見ていた
「池袋ウエストゲートパーク」の作家さんだと言う事は知っていました。
これもあんな(垣根涼介さんの「ヒートアイランド」みたいな…)
感じかな、と思っていましたが、全然違ってました(^^;

男と女の「新しい恋愛のカタチ」を描いているようですが
う~ん、若い人の話かなっと(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-11 20:58 | こんな本、読みました

ポイントで買い物

某デパートのポイントカードのポイントが
いつの間にかかなりたまっていたので
本屋さんで本を買おうと思いました。

1600円の買い物も
楽々できちゃうほど買い物をしていたなんて
私ってどんだけこのデパートが好きなんだろう…(笑)

ポイント数を知っていたので
「ポイントで買います」とレジに告げると
「買えるかどうか調べます」的な発言をされて
(もちろんもっと丁寧な言い方でしたが)
ちょっと「ムッ」…

心根が貧しい?
はい、そうです(爆)
[PR]
by koharu1002 | 2008-02-09 19:56 | 日記