小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

2009年 12月 29日 ( 1 )

宇江佐真理「八丁堀喰い物草紙 江戸前でもなし 卵のふわふわ」

宇江佐 真理さんの「八丁堀喰い物草紙 江戸前でもなし 卵のふわふわ」を読みました。
d0045063_23571538.jpg
夫との心の行き違いは、
食い道楽で心優しい舅に、いつも扶けられる。

「のぶちゃん、何かうまいもん作っておくれよ」
喰い物覚え帖に映し出された心模様。
               「BOOK」データベースより

タイトルにひかれて借りました。
宇江佐さんの作品は「雷桜」以来でしょうか。

これもとってもよかったです。

はじめはのぶに対する正一郎の態度に
「あんまりじゃないか」と腹を立てながら読んでいました。
が、お舅さんの優しさに救われました。

のぶを取り巻く人々が個性的で面白いです。

それになんといっても登場する食べ物がすごく美味しそう。

特に「卵のふわふわ」は
自分でも作れそうな感じで、すごく興味が惹かれました。


ラストはちょっと切ないです。
のぶには幸せになってもらいたいと祈るばかりですね。
[PR]
by koharu1002 | 2009-12-29 23:55 | こんな本、読みました