小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

2009年 10月 27日 ( 1 )

海堂尊「ブラックペアン1988」

海堂尊さんの「ブラックペアン1988」を読みました。
d0045063_21472877.jpg外科研修医世良が飛び込んだのは
君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、
技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…

大出血の手術現場で世良が見た医師たちの
凄絶で高貴な覚悟。
                    「BOOK」データベースより

海堂さんの作品は新刊でなくてもなかなか借りられない事が多いのですが、
いつもとりあえず海堂さんの棚はチェックしています。
今回はこの作品がヒット。

これ、よかったです。
とってもよかった^^
「チーム・バチスタの栄光」より好きです。


海堂さんの作品には誰かしら共通の登場人物がいます。
今回は誰かな?って予備知識なしで読み始めたら
なんと高階病院長(チームバチスタ~の)ではないですか^^

主人公は「極北クレイマー」に登場した世良先生。
お医者様になりたてのホヤホヤです。

そして高階先生は東城大学付属病院にやってきたばかりでまだ講師なんですね。

「チームバチスタ~」では食えない病院長ですが
高階先生も若い頃はかなりの熱血漢だったようです。

そして登場するわ登場するわ…

田口愚痴外来の藤原看護師、ネコこと猫田看護師、
(私の記憶違いでなければ)速水先生と手に手をとって
未来を生きているはずの花房看護師に
まだ医者にもなれていない頃の田口先生に速水先生に島津先生。

いやー新鮮ですねー^^


相変わらず手術や医療の話はチンプンカンプンだけど
そんなことうっちゃってても十分に面白いです。


次は何が借りられるかなぁ~^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-10-27 22:21 | こんな本、読みました