小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

角田光代「森に眠る魚」

角田光代さんの「森に眠る魚」を読みました。
d0045063_1937333.jpg東京の文教地区の町で
出会った5人の母親。

育児を通してしだいに
心を許しあうが、
いつしかその関係性は変容していた。

あの人たちと離れればいい。
なぜ私を置いてゆくの。
そうだ、終わらせなきゃ。

心の声は幾重にもせめぎあい、
壊れた日々の亀裂へと追いつめられてゆく。
                   「BOOK」データベースより

新聞の書評欄で見かけて興味があったので
県の図書館に予約を入れて借りました。
まぁずいぶん待たされましたが…(^^;

しかし、先入観っていうのは
なんにとってもいけませんねー

新聞の紹介文には
二歳の女の子が「ママ友」に殺された事件をモチーフに書いた、とありました。
その事件はよく覚えているので、この作品にも興味をもったのですが
それが先入観となって
登場する5人のどの母親が
どの子を殺してしまうんだろうと
そればかり考えて読んでしまいました。

あくまでもモチーフなわけで…


でも、とてもいい作品だと思います。

5人の母親たちが親しくなるきっかけと
親しくなりたい理由と
親しくなってからの心の動きと
だんだんすれちがっていく様子と
そしてそれからのそれぞれの行く道が
こまやかに描写されていて
心に感じる物がありました。


それぞれの母たちに
「がんばれ!」って言いたくなりました。


いろいろと考えさせられる一冊でした。
[PR]
by koharu1002 | 2009-06-28 23:05 | こんな本、読みました