小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

荻原浩「ちょいな人々」

荻原浩さんの「ちょいな人々」を読みました。
d0045063_23305336.jpg社内女性のほめ言葉に
有頂天になる中年課長はじめ、
おっちょこちょいだけど
愛すべき人たちの破天荒な
ユーモアワールド。

「BOOK」データベースより
荻原さんお得意のユーモア小説です。

「ちょいな人々」「ガーデンウォーズ」「占い師の悪運」
「いじめ電話相談室」「犬猫語完全翻訳機」「正直メール」
「くたばれ、タイガース」の七つのお話です。

どれも面白いし、「いじめ電話相談室」以外はどれも可笑しくて笑えます。

でも一番好きなのは「いじめ電話相談室」だったりします^^


「いじめ電話相談室」
市が運営する「いじめ電話相談室」に勤務するサトコは
「もう死ぬしかない」と訴えてきた中学生のエリカの相談を
親身になって受けるうちに、相談を受けるだけではなく
いじめをやめさせるために自ら行動を起こします。

それが評判となって「サトコ」を指名して
相談の電話をかけてくる子どもたちが増えます。
そのためサトコの職場で軋轢が起きます。

さて、「いじめバスター」のサトコは…


いやーすかっとしましたねぇ
思わず心の中で快哉を叫びました^^



東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」を読んだ時、
興味から直木賞受賞者リストを見ました。
ここ数年、荻原さんも何度も候補にあがっているんですね。
いすれ受賞してもらいたいなぁ、と思います^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-01-31 00:01 | こんな本、読みました