小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

荻原浩「オロロ畑でつかまえて」

荻原浩さんの「オロロ畑でつかまえて」を読みました。
d0045063_2211765.jpg人口わずか三百人。
主な産物はカンピョウ、
ヘラチョンペ、オロロ豆。

超過疎化にあえぐ
日本の秘境・大牛郡牛穴村が、
村の起死回生を賭けて立ち上がった!

ところが手を組んだ相手は
倒産寸前のプロダクション、ユニバーサル広告社。

この最弱タッグによる、やぶれかぶれの村おこし大作戦
『牛穴村 新発売キャンペーン』が、今始まる―。

第十回小説すばる新人賞受賞、ユーモア小説の傑作。
                    「BOOK」データベースより

荻原さんのこういう作品は大好きです^^
な~んも考えないで楽しんで読めます。

それに出来すぎではあるけれど、丸くおさまって
終わりよければすべてよしっ、って感じですね。


「脇坂涼子きょうの畑仕事ファッション」だの
「婦人部寄り合いへのお出かけヘア」だの、
久しぶりに小説を読んで笑わせてもらいました^^
[PR]
by koharu1002 | 2009-01-18 22:11 | こんな本、読みました