小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

瀬尾まいこ「強運の持ち主」

瀬尾まいこさんの「強運の持ち主」を読みました。
d0045063_20222946.jpg「ニベア」
「ファミリーセンター」
「おしまい予言」
「強運の持ち主」の
四編からなる短編集です。

面倒な人づきあいが嫌で
OLを辞め占い師になった幸子。
ルイーズ吉田という名前でショッピングセンターの2階で占いをはじめた。
そのルイーズ吉田に持ち込まれる相談の数々。

「ニベア」
小学生の堅二くんへの最初の占いは
「サトヤとスーパー丸栄とどちらで買い物をすればいいですか?」だった。
次は「掲示係りと図書係と、どちらを選べばいいですか?」。
そして「僕はお父さんとお母さんのどちらを選べばいいですか?」…

「ファミリーセンター」
「気を引きたい人がいるんですけど、どうしたらいいですか?」
十七歳の女子高生、墨田まゆみの相談は
よくある恋愛の相談だった…

「おしまい予言」
「僕、人の『おしまい』が見えるんです。」
なんだか知らない内におしかけ助手になった大学生の武田君。
ルイーズにも「おしまい」が見えるという。
「それって(恋人の)通彦との関係の事?」とおびえるルイーズ。

「強運の持ち主」
アシスタントに雇った竹子さん、
「みんなどこか不幸な人ばかりなんです」と
いろいろな人を占いながら気がめいるとこぼす。
(もっともだからこそ占いにくるんだけど…笑)

それならばと、ルイーズが今まで占った中で
一番の強運の持ち主、ルイーズの恋人、通彦を占ってもらう。

通彦の強運に自信満々だったルイーズだったが
竹子の占いでは「これから真っ暗闇に入っていく」とでた…

瀬尾さんの作品は読みやすくて好きです。

何だかふっと笑えたり、心が明るくなったりします。
すごく自然に受け入れられる感じです。


ただちょっともの足りないですね(^^;
もう一編くらい欲しかったかな…

娘も瀬尾さんの作品は気に入っているので貸したら
なんと一時間半くらいで読み終わってしまいました…
長ければいいってものでもないけど(^^;
[PR]
by koharu1002 | 2008-09-19 21:26 | こんな本、読みました