小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

関口尚「パコと魔法の絵本」

関口尚さんの「パコと魔法の絵本」を読みました。
d0045063_2155842.jpg会議中に倒れ
担ぎ込まれた病院は
ヘンな患者ばかり。

そんなやつらには
私の名前を覚えられるのさえ
不愉快だ。

「おまえが私を知ってるってだけで腹が立つ!」
いつもどなってばかりいる大富豪の偏屈じじい大貫。

ある日、大貫は絵本好きの少女、パコと知り合った。

勘違いからパコの頬を叩いてしまった大貫は
彼女が事故の後遺症で一日しか記憶がもたない病気だと知る。
映画館の予告で「パコと魔法の絵本」を知りました。
面白そうだな、と思っていると、偶然、本屋さんで原作を発見!
表紙もとっても可愛いかったのでつい購入(笑)

でも実はこれが原作ではなく、
後藤ひろひとさんが書いた脚本を元に
関口尚さんが長編の小説にしたんだとか…


とても心温まる、そして切ない話です。

キャラクターは面白い人たちがいっぱいで楽しかったです^^



映画はもちろん見たいけど、舞台も見たかったなぁ…

それにしても映画の「パコと魔法の絵本」に出演する俳優さんの豪華なこと。
十分、主役を張れる人ばかりです。

舞台は無理だけど映画は見に行こう~♪
[PR]
by koharu1002 | 2008-09-11 21:48 | こんな本、読みました