小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

海堂尊「ナイチンゲールの沈黙」

海堂尊さんの「ナイチンゲールの沈黙」を読みました。
d0045063_2120558.jpg東城大学医学部付属病院・
小児科病棟に勤務する浜田小夜。

担当は、眼球に発生する癌、網膜芽腫
(レティノブラストーマ)の子供たち。

眼球を摘出されてしまう彼らの運命に
心を痛めた小夜は、
子供たちのメンタルサポートを
不定愁訴外来・田口公平に依頼する。

その渦中に、患児の父親が殺され、
警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。

小児科病棟や救急センターのスタッフ、
大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、
そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、
事件は思いもかけない展開を見せていく…。
                       内容(「BOOK」データベースより)

「チーム・バチスタの栄光」が面白かったので
図書館で借りて読みました。

正直な感想を言えば、前作より面白くないです(^^;

いろいろな登場人物がいて、いろいろな要素がからまりあっているのに
何故か犯人は特定されていて、本当に殺したのはどっちか?
みたいな展開でなんだかなぁ…

重要な役割をもつ歌姫、冴子のファンが多すぎるのもヘン。
っていうか集まりすぎてるのがヘン、なのかな?

それに歌を聴いて(脳に)みな同じ映像が浮かぶってホントにあるのかな?

ま、そういう事はおいといて…


とにかく登場人物が多すぎて、それがみんな重要な役割をもっていて
かえってポイントが分散してしまった感じです。
作者にしてみれば、みな必要な人物なのかもしれませんが。

白鳥さんのパワーも警察庁の加納の出現で半減だし。

それにしても田口センセ、「警察庁」と「警視庁」の違いくらいは
地方に住んでいる私でも知ってますよ。
そんなに田口先生を浮世離れした人にしたいのでしょうか?
[PR]
by koharu1002 | 2008-08-30 21:59 | こんな本、読みました