小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「盗作」

飯田譲治さん、梓河人さんの「盗作」を読みました。
d0045063_22474034.jpg完璧な創作のはずだった??。
とてつもない物語が幕を開ける。

面白さが、どうしよう、止まらない!
新ジャンルの超(×100)エンタテインメント!
一気読みの誘惑と快楽!


あの時は本物だった。
わたしだけにあの創作の嵐はやってきた。

片田舎の平凡な女子高生・彩子は、
ある晩、衝撃的な夢を見た。

憑かれたように、その夢の光景をキャンバスに描きあげた
彩子の作品は日本中を震撼させるが……。
                        出版社 / 著者からの内容紹介

飯田譲治さん、梓河人さんの作品は「アナン、」がとてもよかったので
書店で平積みしているのを見て購入しました。

面白かったけど、主人公の彩子が盗作したと皆から後ろ指をさされるところは
かなり切なかったです。

本当の事は本人にしかわからないものです。
彩子は普通に見えるけど、実はものすごい精神力の持ち主だと思います。

話はノーベル賞まで行きます。
確かにそこまでいかないと、彩子のスピーチの意味がなくなるわけですが
でもそこまで話がいってしまうと、どうしてもとほうもない話だと思ってしまいます(^^;

先日、絵を描いている方とお話をする機会がありました。
「天啓」って感じた事があるか、聞いてみればよかったなぁ…
[PR]
by koharu1002 | 2008-08-08 23:03 | こんな本、読みました