小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「戸村飯店青春100連発」

瀬尾まいこさんの「戸村飯店青春100連発」を読みました。
d0045063_2244428.jpg大阪の下町にある中華料理店・
戸村飯店の2人の息子は、
性格も見た目もまるで正反対。

東京、大阪と離れて暮らす兄弟が、
再会をきっかけに
自らの人生を見つめ直していく…。

瀬尾まいこ、待望の書き下ろし。     [日販MARCより]

4冊目の瀬尾さんの作品です。
これもいいですね^^

戸村飯店のひとつ違いの兄弟、ヘイスケとコウスケ。
高校3年のヘイスケはルックスもよく学校でも生徒会の役員などをやって
なかなかの人気ものである。
しかし、実家の手伝いはまったくしない。
人づきあいはいいので
店の常連客の相手はするが和気あいあいって感じではない。
卒業したら家をでる事だけ考えている。

弟のコウスケは勉強はできないが
実家の手伝いは率先してやるし、
常連さんとも冗談をとばして笑いあう。
ヘイスケは店を継ぐ気がさらさらないと感じ、
「この店を継いでいくのは自分しかいないんだなぁ」と
漠然と考えている。



コウスケとヘイスケ、章ごとに交互に
それぞれの主観で書かれてます。

コウスケからみたヘイスケ、ヘイスケからみたコウスケ。
当たり前ですが、立場が違えば感じ方も違うわけで…

例えば…
小学校に上がった頃に、二人は父親から
「じゃがいもを切ってみろ」と言われます。
コウスケは無邪気に大きさもきれいさも関係なく
ちゃっちゃっと切って面白がっています。

ヘイスケは父親が使い込んだ包丁を手に
緊張して指を切ってしまいます。
ヘイスケは幼いながらに父親の期待に応えたいと思っていたのです。
もう一度チャンスはやってきます。
その日のためにヘイスケはカッターと消しゴムで
何度も練習を重ねました。
しかし結果は同じでした。
やはり指を切ってしまったのです。
それからヘイスケが厨房に入る事はなくなりました。

そんなヘイスケをみてコウスケは
何でも器用にこなすくせに
店を継ぐのがいやで、わざと指を切ったりした、と思っています。

いろんな場面でそれぞれの考え方、感じ方が書かれていて
とても興味深いです。
大河ドラマの篤姫が「片方聞いて沙汰するな」と
よく言っていますが、ほんとにそうですね。



瀬尾さんの作品に登場する人物はみんな愛すべきキャラクターが多いですね。
この作品なら、ルックスがいいを除いても(笑)私はヘイスケが好きです。

読後感もよかった^^

何一つ事件らしい事件は起きないのだけど
どんどん読んでしまいます。
そうですよね、普通の生活には
事件なんてそうそう起きないですもんね^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-06-30 23:32 | こんな本、読みました