小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「借金取りの王子」

垣根涼介さんの「借金取りの王子」を読みました。
d0045063_21371791.jpg村上真介はリストラを請負う会社に
勤めるサラリーマン。

昨日はデパート、今日はサラ金、
明日は生保に乗り込んで、
泣かれたり、殴られたり。

相性バッチリの恋人陽子は
恐ろしく気の強い女で、すんなり結婚とはいかないし、
真介の前には難題山積み。

だけど明日は来る――。

他人事でないリストラ話に思わず涙。

働く人必読の面白小説!
                       amazonの著者からの内容紹介より

垣根さんのこのシリーズは好きです。
扱っているのはリストラですが
全然暗い話じゃないし、むしろ真面目にちゃんとやってる人には
見てる人がいますよーって話なので
読んでいて楽しいし、元気がでます^^

特に本のタイトルになってる「借金取りの王子」の話は泣かせます。
泣かせるといっても悲しい話じゃないです。
「ぐっとくる」という意味です。

泣き虫の男だって、すごく素敵に感じる事もあるんですねー





さ、これで2冊クリア。
図書館へ行くぞー^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-06-26 21:49 | こんな本、読みました