小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「モップガール」

加藤実秋さんの「モップガール」を読みました。
d0045063_21232142.jpg高給優遇、初心者歓迎‥‥
求人広告の誘いに乗って、
桃子はアルバイトの面接に行く。

ところがその会社、
入ってみると社員は変人揃い、
しかも事件・事故現場専門の
清掃会社だった。

テレビ朝日系ドラマ化原作!           amazonの内容紹介より

ドラマになっていたのを知っていて
少し興味があったので図書館で借りて読みました。

初めての作家さんでした。
読みやすいし、登場するキャラクターもなかなか面白くて
楽しく読めました。

この掃除屋さんは事件現場を主に掃除しています。
主人公の桃子はそこで
死んだ人間のダイイングメッセージのようなものを
身体でうけとってしまうのです。

それはある時は視覚であったり味覚であったり、嗅覚でだったりします。
つまりあるきっかけで、どこかの風景がフラッシュバックのように
鮮明に頭に描きだされたり、
食べるものの味が、何を食べてもカップうどんの味だったりするのです。

桃子は、劇団に所属していて日常的に役の格好をしている胡散臭さ抜群の重男や
ルックス抜群のくせにいつも無表情で
人をくったような言葉しか言わない翔、
キャピキャピギャルの事務の未樹、
犬マニアで犬アレルギーの社長の手を借りながら
その謎を解明していきます。

事件がらみとは言っても
それぞれの事件は少し温かいんですよね。
それがちょっといい感じでしたね^^
ラストの事件は別ですが…



イケメンの翔はドラマでは誰がやったんだろう?と気になって
ドラマのHPを見てびっくり!
主人公の名前と設定こそ一緒ですが
翔くんはでてこないわ、話は全然違うわ、で
これでいいん?って感じ。

原作のままでも十分面白いドラマになったと思うのになぁ…(--;
[PR]
by koharu1002 | 2008-06-24 22:13 | こんな本、読みました