小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「空中ブランコ」

奥田英朗さんの「空中ブランコ」を読みました。
d0045063_0291244.jpg人間不信のサーカス団員、
尖端恐怖症のやくざ、
ノーコン病のプロ野球選手。
困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。
ここはどこ?なんでこうなるの?

怪作『イン・ザ・プール』から二年。
トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。
                   「BOOK」データベースより
初めて読む作家さんです。
とても面白かったです^^

伊良部総合病院の地下にある神経科に医学博士・伊良部はいる。
訪れる患者に甲高い声で「いらっしゃ~い」と
満面の笑みで迎える。

とりあえずの治療はビタミン注射。
注射を打たれる人をみると興奮するらしい(^^;

注射を打つ看護士はミニスカートで肉感的なマユミ。
でも、まったく愛想がない。

伊良部は患者の悩みをきいては面白がる。
「馬鹿にしてる」とか「なめてる」とか思いながらも
何故か患者は「明日もきてね~」の言葉につられて通院してくる。

伊良部の治療はいい加減に見えるが
患者たちはそれぞれちゃんと立ち直っていく。
これは伊良部の計算なのか?
伊良部は本当は名医なのか?(笑)



病院の待合室で読んでいたのに
時々吹き出しそうになってあわてて口をおさえたりしました(^^;
変な人に見られたかしら?

何にしても、久しぶりに笑える面白い作品に出会いました。


これより前に「イン・ザ・プール」という作品があるらしい。
これも借りて読もおっと^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-06-20 00:30 | こんな本、読みました