小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「Gift」

飯田譲治・梓河人さんの「Gift」を読みました。
d0045063_19422645.jpgひとりの青年が豪華マンションの
クローゼットの中から
瀕死の状態で発見された。

発見したのは
人材派遣会社の社長、奈緒美。

奈緒美はこの部屋の持ち主、岸和田と
横領した厚生省の研究開発費51億円をもって
海外逃亡するはずだった。

しかし岸和田も51億円もきれいに消えていたのだ。

岸和田の失踪の手がかりはこの青年だけだが
彼は自分の名前も年齢も
思い出せない記憶喪失になっていた。

奈緒美はこの青年に「由紀夫」という名をつけ
自分の監視下におくことにした。

この作品は97年に木村拓哉主演でドラマ化されたものです。
ん?ドラマが先なのかな?

ドラマはみてなかったんですが、主演が木村クンだというのは知っていました。
だからどうしてもそのイメージで読んでしまうので
これは失敗だったかな…と思いながら読んでいました(ーー;

でもすごく面白かったです(笑)


初めは51億円の手がかりだけの「由紀夫」だったはずが
だんだんと「仲間」になり「家族」のようになり…

「アナン、」の時もそうでしたが
主人公の引力にひきよせられて
まわりのみんなが何かしら手助けをしたり
守ろうとしたりする姿は
こういうせちがらい世の中ですから
フィクションなんですが、心が救われる気がします。

由紀夫は「届ける」事に異常な執念を燃やします。
それは失った過去にかかわりがあるのでは、と考えた奈緒美は
由紀夫に「届けや」の仕事をさせます。

普通の宅配便には預けられないものばかり。

それがまたいろいろで面白い。

中には本当に危ない仕事もあります…

解説の中に
「失われた記憶とは、宇宙に星が散らばっている状態。
けれどそれを線で結んでいくと、それが星座である事がわかる。
記憶が戻るというのは、星と星が線で結ばれること」
とあります。
とてもわかりやすいたとえです。

由紀夫は何度も危ない目にあいながら
とうとう失われた記憶を取り戻します。

そして記憶の戻った由紀夫の選択とは…



登場人物もいろいろなキャラクターがあって楽しかったですね^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-04-06 22:24 | こんな本、読みました