小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「ぼんくら」

宮部みゆきさんのぼんくらを読みました。
江戸、深川の同心・平四朗は
d0045063_20205399.jpgめんどくさいことが大嫌い。

お役目で長屋を見回ったりもするが
この長屋の要ともいえるお徳の
煮炊屋でこんにゃくをほおばりながら
世間話をしてすごしたりしている。

そんな平四朗がうけもつ鉄瓶長屋で
殺しが起きる。

その事件をきっかけに、差配人が姿を消し
三つの家族も失踪してしまう。

新しい差配人は
なかなかできた人物で、一生懸命仕事をするのだが
若いせいか、要のお徳に認めてもらえない。

そうこうする内に、店子がひとりふたりと
でていってしまう。

この一連の騒動には何か裏がありそうだと、
めんどくさがりやの平四朗が探索をはじめた…
これは普通に面白かったです^^

そう難しい話でもないし、
登場人物がそれぞれ魅力的なので
楽しんで読めました。

「蒲生邸事件」を家で、これを職場で読んでいて
ほぼ同じに読み終わりました。

図書館で借りているのもあるので
しばらく宮部みゆきさんワールドにひたります^^
[PR]
by koharu1002 | 2008-01-23 20:41 | こんな本、読みました