小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「藩校早春賦」

宮本昌孝さんの「藩校早春賦」を読みました。

時は江戸時代後期、泰平の世の黄昏。d0045063_17483320.jpg
東海のとある小藩に
藩校が設立されることになった。

その学校の剣術教授方を決するために
藩を代表する
二つの道場の門弟たちが
御前試合にのぞむのだが…

藩校を舞台に、厳しい階級社会の中で
権力闘争や陰謀に巻き込まれながらも、
あつい友情を育み、成長していく三人の少年剣士たち…

初めて読む作家さんでしたが
とても読みやすいし、面白かったです。

登場人物がなかなか個性的で魅力的なので
けっこうはまって読めました^^

同じ作者さんの「夏雲あがれ」を中断して読み始めた本です。
これで「夏雲~」がすっきり読めます^^
[PR]
by koharu1002 | 2007-12-26 18:01 | こんな本、読みました