小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「リミット」

野沢尚さんの「リミット」を読みました。
連続誘拐事件の謎を追う
d0045063_181672.jpg警視庁捜査一課・
特殊犯捜査係勤務の有働公子は
誘拐された子どもの母親の代わりに
「母親」として
誘拐犯からの電話に対応していた。

ところが誘拐犯は
身代金の奪取のために、公子の一人息子をさらい
公子に身代金の運搬役を命じる。

公子はわが子を救うために
誘拐犯と対決する覚悟をする。
そしてそれは警視庁4万人をも敵にまわすことになるのだ。

野沢さんの作品はいつもかなり(私にとって)ハードです。

いくら子どもの命がかかってるからって
一婦人警察官がここまでできるかっ、って感じでしょうか(--;

でも面白くて寝る間も惜しんで一気に読んでしまいました。

実はこの作品を読み終わったのは
ブログが止まってからすぐだったので
はじめはどんな感想だっけ?なんて思ったのですが
あらすじを書いている内に思い出してきて
夜中の3時くらいまで読んで
次の日の朝がとても辛かったのも思い出したのでした(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2007-09-26 18:18 | こんな本、読みました