小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「しゃべれども しゃべれども」

佐藤多佳子さんの「しゃべれども しゃべれども」を読みました。
落語が好きで好きで
噺家になった三つ葉。
d0045063_18434825.jpg三つ葉は常に着物を着、
古典落語しかしゃべらない。

仲間に創作落語に誘われたり、
先輩の噺家からは
時代の逆行だと馬鹿にされたりするが
おかまいなし。
といってもまだまだやっと二つ目。

そんな三つ葉に、ふとしたきっかけで
「話し方」教室の話がまいこんだ。

「話し方」教室なんて、としり込みする三つ葉だが
成り行きで落語を教える事になる。

映画の「しゃべれども しゃべれども」を観てから
すぐに本屋さんで探して購入しました。

上映時間の問題で減らされてしまったのでしょうか、
映画は登場人物が一人少ないです。

だから映画と原作とを比べてみれば
やっぱり原作の方がいいですね。

もちろん映画もよかったんだけど…

台詞として耳に入ってきた言葉は
けっこう素通りしてしまったのか
読んでくすっと笑ってしまう表現がけっこうありました。

原作のイメージ通りだったのは
香里奈さんですね^^
[PR]
by koharu1002 | 2007-08-06 18:58 | こんな本、読みました