小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

乃南アサ「暗鬼」

乃南アサさんの「暗鬼」を読みました。
両親、弟妹、祖父母に曾祖母。
今時珍しい大家族に嫁いだ法子を待っていたのは
何不自由ない暮らしと温かい家族の歓待だった。
しかしある日、近所で起きた心中事件に彼らが関係しているという
疑惑を抱いた法子は、一見理想的な家族を前に疑心闇にはまっていく。
やがて暴かれる、呪われた家族の真実とは…
                             (裏表紙のあらすじより)

乃南アサさんの本はけっこう読んだと思うけど
d0045063_22411822.jpgこれが一番納得がいかない、気がします。

めまぐるしく変わる主人公法子の気持ち。
法子をとりまく人々との葛藤、動揺、諦め、陶酔…
マインドコントロールってこんなものかな、
とか思ってしまいます。

それにしてもラストがちょっと…
読みながら残りページをこんなに気にしたのは初めてです(笑)
ドラマの「水戸黄門」を見ている気分。
それでいいのかっ、って終わり方でした。

「家族」という一つの団体は
ある種の小さい小さいカルト集団だって言いたいのかな?
[PR]
by koharu1002 | 2006-10-29 22:42 | こんな本、読みました