小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

「深紅」

野沢尚の「深紅」を読みました。

小学校の修学旅行の夜、家族を惨殺された奏子。
犯人はすぐに逮捕されたが、
修学旅行の宿泊施設から病院までの4時間が強烈なトラウマとなって
奏子の人生に影を落としていた。
奏子は「自分だけ生きていてごめんなさい」と
心の中で繰り返しながら生きていかなければならなかった。
             ・・・・・
奏子が大学生になった時、犯人の男に「死刑」判決が下る。
同時に奏子は犯人の娘、奏子と同い年の娘の所在を知る。
奏子は自分の素性を隠して、その娘に会いに行く。
そして…


面白いけど、とても怖い話です。
事件はすぐに起こって、事件の背景もすぐにわかるのですが
それからが長い…
どう展開していくのか全然わかりませんでした。
奏子を応援していいのか、犯人の娘に同情するべきなのか…

この小説も昨年秋に映画化されたようです。
あとから知ったのですが、主人公が内山理名、犯人の娘が水川あさみ。
う~ん、ちょっとイメージが違うかな?(笑)
それにしても、昨年ヒットしたドラマ「野ぶたをプロデュース」の
堀北真希ちゃんがこの作品では主人公の小学生時代を演じていたらしいです。
演技力には定評がありますが、同じ年度に高校生と小学生を演るとは
堀北真希、おそるべし、です^^
[PR]
by koharu1002 | 2006-02-17 19:21 | こんな本、読みました