小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

雪だるまのストラップ

前に同じお店で働いていたレジの社員の女の子
(時々、でてくるからリノちゃんって呼ぼう)が
12月に我が家で作ったクリスマスイメージのストラップが
そろそろ汚れたし、時期がはずれたので
遊びがてら新しいのを作りたいとうちにやってきた。

リノちゃん、今年27歳。
もう女の子と呼ぶような年ではないけど
うちの店にやってきた時、まだ21歳だった。
若いけどとても気がつく娘で
責任感があって本当によく働いた。

毎年行われるチェッカー(レジ)コンテストでも
社内でいつも優秀な成績をおさめていた。
だから売り上げも伸び悩むうちのような店舗に
置いておくのがもったいないと上の人が思ったのか
近くの系列の売り上げのいいお店に異動でもっていかれてしまった。

うちの店にいた時から私とリノちゃんは仲がよかったが、
異動で他所にいった後に
私が引っ越して彼女の家に近くなったものだから
同じ店にいた時よりさらに、プライベートでも仲良くなった。

一人暮らしの彼女はと~きどき、我が家に遊びにきては
子どもたちと夕飯を一緒に食べて帰るのだ。

今日は12時前にうちにやってきた。
ひとしきりおしゃべりをして、それからお昼を食べにでかけた。
食事の後にストラップの新作にとりかかった。

彼女のイメージは「雪だるま」。
いろいろアイデアを出し合い
毛糸のボンボンを2個作って雪だるまにする事にした。

d0045063_0271817.jpg

目と眉毛と手袋と鼻はフェルトでつけた。
鼻はにんじんのイメージなんだそうな(^^ゞ
ちょっと情けない顔の雪だるまができた。



夕飯も食べてもらう事にした。
夕飯はビーフシチューとサラダとにんにくをすりこんだバケット。
「おいしい、おいしい」と完食してくれた。

11時すぎまでうちにいて帰っていった。
帰りついてからメールをくれた。
「ほぼ12時間、お世話になりました」(笑)
[PR]
by koharu1002 | 2006-01-05 23:42 | 手作り作品紹介