小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

お風呂の水漏れ

住んでみないとわからない事がある。

先日、大家さんから「お風呂場から階下に水が漏れています。
今度、見に行ってもいいですか?」と電話があった。

我が家のお風呂場の排水溝は、とても、とっても水はけが悪い。
洗面器で数杯、続けて水を流したら
とたんにお風呂場の床には水溜りができる。
だから私がお風呂の水をぬく時は
必ず、排水溝の蓋と中にはいっている釣鐘様の中蓋(?)も
はずしてから抜くようにしている。
でないと床一面が海のように(おおげさ~)なってしまうのだ。
中身が少なくなって軽くなったシャンプーの容器などは
プカプカ浮いて泳いでいる(笑)

今日、大家さんがお風呂を見に来て
別段お風呂場の床や壁に亀裂はないと言われた。
で、排水溝の水はけがとても悪いこと、
水を抜くときの状態などを話したら
(水漏れを指摘された日は私でなく娘がお風呂の水を抜いたので)
きっと海状になってドアの淵まで上がってしまったお風呂の水が
ドアと床のすきまからもれたのだろうと、大家さんは結論づけた。

大家さんは排水溝の蓋をあけて
釣鐘状の中蓋もはずして排水溝を掃除してくれた。
どうもこの中蓋がくせもので
ここの排水溝と合っていないらしい。
前の住人さんが替えたのかも、と言っていた。

大家さんが中蓋を持ち帰り、
このまま使ってください、と言って帰った。

住んでみないとわからない事っていっぱいある。
キッチンのドアをしめると玄関までの廊下が真っ暗になってしまうこと。
玄関からの隙間風がけっこう厳しいこと。
給湯設備がベランダにあって、お湯の給水栓をひねっても
お湯がでるまでに洗い桶がいっぱいになるほど
無駄な水がでること。

もちろん便利な事も山ほどある。
住んでみないとわからない^^
[PR]
by koharu1002 | 2005-11-08 22:11 | 日記