小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

ちょっと驚いて可笑しかったこと

先日、靴を買いに市内のデパートへ行きました。
勤務先で履くので、踵の低い地味なデザインの黒の靴を探していました。
これは、と思う靴があったのですがサイズがあいません。
店員さんに「この靴の2.5はありますか?
なかったら同じようなデザインの靴を探してもらえますか?」とお願いしました。

しばらくして店員さんは3足の靴をかかえてきました。
彼女が「4の靴はなかったのですが、4.5なら…」と。
私「?」「あの~2.5なのですが…」
彼女「あぁ、そうでしたね」と言いながら
まだ「4が」とか「5が」とか言っています。
私が「2.5の」と言えば、また「そうですね」と言うのだけど
やっぱり「4」とか「5」とかに戻ってしまう。

どうしてもかみ合わないので
「すみません。22.5の靴がほしいのですが」と
思い切って大きい声で言ってみました。
するとその時になってやっと「あ!」という顔をして
「すみません…」
どうも最初に「2.5」と言ったのを
「25」だと思い込んで探していたようなのです。

どうりで持ってきてくれた靴は全部、とても大きかったです(笑)
私は身長は158cmで身長のわりに足が小さいと
いつも言われます(それが密かな自慢だったのですが…笑)
だからそんな大きな足だと思い込まれた事も可笑しかったです。

気づいてからは恐縮することしきり…
私はただ可笑しいだけでしたが(笑)
結局サイズがなかったので、メーカーに注文する事になりました。
注文しても8月半ばにしか入荷されないらしいのですが。

ところが数日して先の店員さんから、携帯に留守電が…
「お客様のご注文なさった商品を
メーカーで探してもらったら見つかりました。
1週間後には納品されます。
商品が入荷されましたら、またご連絡差し上げます」と。

そして今日また携帯に
「お客様がご注文くださった商品が今日入荷されました。
ご都合のよろしいときにご来店くださいませ」と。

最初のとり違えから(そのせいではないとは思いますが…)
とても親切で気の利いた対応をしてもらって
可笑しくてちょっと嬉しい顛末でした^^
[PR]
by koharu1002 | 2005-07-11 21:55 | 日記