小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

佐藤正午「身の上話」

佐藤正午さんの「身の上話」を読みました。
d0045063_19252380.jpgこの主人公の流され方に、自分は違うと言い切れますか。

人間・人生の不可思議をとことん突きつめる、
著者の新たな代表作の誕生。
                  「BOOK」データベースより

初めて読む作家さんです。
前に新聞の書評欄で紹介されていて読みたいと思ってました。

語り手がいて、ある人の半生を淡々と語る。
そういった形の作品は多分初めて読むのではないかと思います。
語り手の正体は(冒頭に私の妻とは書いているのですが…)最後までわかりませんし、
語り聞かせてる相手も、
なぜそんな告白をしているのかも最後までわかりません。


主人公のミチルは23歳で書店に勤めています。
彼女はいずれは結婚するかもしれない恋人がいるのに
妻子ある男と付き合っています。

男は出版社の営業マンで東京に住んでいます。
月一の間隔でミチルの町へやってきます。

ある日、ミチルは
東京へ帰っていく男を送るために
「歯医者へ行く」と嘘をついて仕事を抜け出します。

その時、ついでにと職場の仲間から宝くじを買ってきてと頼まれます。

ミチルは男を見送るためにやってきたバスターミナルの
宝くじ売り場で宝くじを買います。

男を見送って帰るはずだったミチルは
何を思ったか、会社の制服のまま
財布と預かったお金で買った宝くじとを持って
男と一緒に東京へと行ってしまいます。


   語り手は淡々と話しているのですが
   私にしてみれば「なんだ、こいつは?」のミチルです。


ミチルは結局、そのまま東京に住む事になります。

だって預かったお金で買った宝くじが
なんと一等、2億円の当たりくじだったのですから…


   まぁねぇ、2億円あったら何でもできますよねー

   実際、グループ買いした宝くじが一等に当たって
   それを保管していた若い女の子が
   家族みんなで夜逃げして持ち逃げしたって話を聞いたことがありますから(--;

   そんな事をして幸せな生活ができるとは思えませんがね


案の定、ミチルも事件に巻き込まれていきます。
ここからがなかなか緊迫していて面白かったです。

ミチルの思考回路にはついていけないけど、
突然、2億円ものお金を手にしたら
人間、やっぱりヘンになっちゃうのかもしれませんね。


紹介文の
「この主人公の流され方に、自分は違うと言い切れますか。」には
言い切れます、とは答えられないです(爆)
[PR]
by koharu1002 | 2009-12-17 19:59 | こんな本、読みました