小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

映画「母なる証明」

私が加入しているチネ・ヴィータから映画の招待券が届きました。d0045063_23273138.jpg

韓国映画の「母なる証明」という作品です。

殺人犯として捕えられた息子の無実を信じ
一人で真犯人を探そうとする母親の話です。

いつの時代も母親は強い。
いい意味でも悪い意味でも。


この作品は、チネ・ヴィータを主催している方が
「どうしても自分の映画館で上映したい、素晴らしい作品」との
強い思い入れがあるようで
一足先に会員の私たちに試写会を開催してくださいました。


確かに迫力のある深い作品だと思います。
母親の愛情は
それがたとえ間違った方向だとしても
強く激しいものです。





ここからはネタばれになります。


逮捕されたトジュンの母親は
真犯人を見つけるべく奔走します。
そして事件を目撃したであろう人物を見つけ出します。

ところがトジュンの無実を証明してくれるはずのその男は
「捕まったあの男が犯人だ」と母親に言います。

「そんなはずはないわ!」
母親は男をめった打ちにし、殺してしまいます。

興奮からさめた母親は犯行がばれるのをおそれて
男の家に火を放ちます。


そして…


新たな証拠が発見されたと、殺された少女の恋人が逮捕されます。

真犯人に面会にいった母親は
その犯人にも母親がいる事を思い、泣き崩れます。

しかし、自分が口をつぐむ事で愛するトジュンは釈放され
貧しいけれど平穏な毎日が再び戻ってくるのです。




私が一番印象深かったのは
真犯人にも母親がいるのだと、泣き崩れるシーンでしょうか。



人間の心の美しいものと醜いものは表裏なんですね。
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-30 23:30 | 映画のハナシ