小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

宮部みゆき「長い長い殺人」

宮部みゆきさんの「長い長い殺人」を読みました。
d0045063_203332100.jpg金は天下のまわりもの。
財布の中で現金は、きれいな金も汚ない金も、
みな同じ顔をして収まっている。

しかし、財布の気持ちになれば、話は別だ。

刑事の財布、強請屋の財布、
死者の財布から犯人の財布まで、
10個の財布が物語る持ち主の行動、現金の動きが、
意表をついた重大事件をあぶりだす!

読者を驚嘆させずにはおかない、前代未聞、驚天動地の話題作。
                                「BOOK」データベースより

久しぶりの宮部作品です。
ずい分前に古本屋で購入したのですが
図書館で借りるものに先を越されて、積読になったままでした(^^;

今回の奈良行きに、鞄の中にしのばせていたら
友達は新幹線の中で寝るし、
作品自体も面白くてどんどん読んで
とうとう一日で読み終わってしまいました(笑)


宮部さん、やっぱり面白いです。
お財布に語らせるなんて発想、どこから生まれるのでしょう。

残念だったのは雅樹くんのおばさん、早苗さんが殺されてしまったこと。
勝手な願望だけど、ああいういい人は殺さないでほしいな(^^;



Mixiのコミニュティで宮部さんの「模倣犯」を話題にしているところがあって
「模倣犯」をまた読みたくなりました。

でもねぇ、事件は悲惨すぎるし、
読んでるとけっこうしんどくなるので
読むのに二の足を踏んでしまうんですよね…
素晴らしい作品だとは思うのですが。
[PR]
by koharu1002 | 2009-11-12 20:53 | こんな本、読みました