小春日記

koharu02.exblog.jp
ブログトップ

北村薫「鷺と雪」

北村薫さんの「鷺と雪」を読みました。
d0045063_23221396.jpg帝都に忍び寄る不穏な足音。

ルンペン、ブッポウソウ、ドッペルゲンガー…。

良家の令嬢・英子の目に、時代はどう映るのか。

昭和十一年二月、雪の朝、運命の響きが耳を撃つ―。
               「BOOK」データベースより)

新刊の棚で見つけたので借りました。
借りている間に「直木賞」を受賞されました。
「なんてラッキー」と思いました。
受賞後は一気に予約が増えますからね^^

でも、ですね、
これって続きものだったんですね(^^;

第一作も続編も読んでないので
主人公の英子令嬢とそのお抱え運転手のベッキーさんの
魅力が全然わからないんです(><)

なんてこと…

おまけに文章が抒情的というか、観念的というか…


謎ときはけっこう面白く読んだのですが
全体にそういう印象を持ってしまったので
残念ながらあまり楽しめませんでした(TT)


やっぱ不精はよくありませんね(^^;
[PR]
by koharu1002 | 2009-07-26 23:37 | こんな本、読みました